税理士試験とか読書とか

税理士試験に関することを主に。簿記論、財務諸表論、合格済み。現在大学院に通ってます。

大学の無償化は必要か?

政府は、住民税非課税世帯について、大学の無償化を検討しているらしい。

 

高等教育では、住民税の非課税世帯の学生を対象に、国立大学の授業料を原則無料にする。授業料が高い私立大学では、国立大と授業料の平均額を比べ、その差の半分ほどを国立大の免除額に上乗せする方針だ。

 

「貧乏人は大学行くな」とは全く思っていない。

それを大前提に、私は大学の無償化は大反対だ。

そもそも、この国のどこにそんなお金がある?

 

高校を卒業する年齢の18歳までは、自力で稼ぐのは大変だ。だから、高校の無償化は大賛成だった。

でも、高校さえ卒業すれば、自分で働いて稼ぐことは可能だ。

たまに「お金がないから大学行けなかった」という人がいるけど、親族の生活を支援をしている人を除いて、そんなことはただの言い訳だ。

 

お金がなくても大学にはいける。

大学生は働くことが許されている。

昼間働いて、夜学校にいけばいい。

昼間働いて、通信教育をうければいい。

夜学だって、通信制だって、卒業すれば立派な学士だ。

 

本当に勉強したい人、いや、学歴が欲しい人でもいい。

本気なら「自分で勝ち取れ」といいたい。

 

「うちは貧乏だから」は言い訳である。