税理士試験とか読書とか

税理士試験に関することを主に。簿記論、財務諸表論、合格済み。現在大学院に通ってます。

大学院(社会人対象)の入試ってどういう基準なんだろう?

私が通っている大学院の入試は、研究計画書、志願書、履歴書、及び、学部の成績証明書を提出する。これが書類選考。

ここを無事パスすると、面接に呼んでもらえる。

出願期日から面接の連絡が来るまで1週間ほどだったので、書類が調っている人は全員面接に呼んでもらえると思っていたら、そんなことはないらしい。

私の通う大学院は、12月と2月に入試(面接)があって、枠は50名。

実際に入学したのが14名。辞退者もいたらしいけど、合格者は多くなかったようだ。

私は2月の試験で合格したんだけど、12月と2月で合格者半々だったとして、2月合格者が10人程度だろう。

面接の時間枠から計算すると、面接まで呼んでもらえた人は30~40人はいるはず。

まぁ、そこそこの倍率だ。

 

(あくまでも、私の感想と、周りの話の総合だけど…)

私の通っているような社会人を対象とした大学院は、まず、研究計画書が大切。

教授の話によると、研究計画書が全く書けていない人が出願者の半分はいるらしい。

これは、私のようにプロに指導を頼めば半分は解決する問題だろう。人に書いてもらうのは、面接で絶対にばれるからおすすめしない笑。

次に、面接で研究計画書の内容について、ちゃんと受け答えできるかどうか。研究計画書と全く違う内容の質問をされることなんてないから、研究計画書に関係することだけ、がっつり答えられるように!

というか、自分で書けば答えられると思う笑。

 

あと、学部の成績が悪くても気にしなくて大丈夫。

学部からそのまま大学院に進む場合、成績は重要かもしれないけど、社会人枠は多分関係ない。私は短大卒業後、法政大学通信教育課程の3年時に編入して、大学卒業まで12年かかっている。本来なら2年で卒業できるんだけど笑。そして成績はほとんど「良」か「可」。

でも、大学院には合格した。法政大学より偏差値の高い大学の大学院に。

なので、これだけは自信を持って言える。

学部の成績は全く関係ない。

 

で、大学院の入試基準ってなんだろう?

私が思うに、きちんと文章(研究計画書)を書くことができて、コミュニケイションが円滑にとれる、論理的な受け答えができる。

あとは、面接官との相性。

なのかなって思う。

何度も言うけど、研究計画書は本当に大切だから、締切ギリギリまで粘って、いいもの作って下さい。

You can do it!