税理士試験とか読書とか

税理士試験に関することを主に。簿記論、財務諸表論、合格済み。現在大学院に通ってます。

大学院入試説明会(社会人編)

某大学院入試説明会に行ってきた。

今回は社会人が対象の説明会。

 

先日行った他の大学院もそうだったけど、教授が繰り返しいうのは、「ちゃんと通えるか」「勉強する時間はとれるのか」ということ。

 

そりゃそうだ。入学できても勉強する時間が取れなかったら意味がない。

大前提ですからね。

下世話な話ですが、1年で辞められたら運営面でもよろしくないでしょうし。

 

私は短大の夜学を卒業してから、某大学の通信教育で大学を卒業した。

短大の夜学は、出席は厳しかったけど、学業的にそれほど大変ではなく、出席できれば卒業できた。でも、通えない人は次々に辞めていった。入学時の70%くらいしか卒業しなかったらしい。

 

説明会でいただいた資料には、履修のモデルケースが掲載されている。

私は先日も書いたが、恵まれた職場環境にあるので、通学自体に問題はない。

心配なのは体力(中年なので笑)。体力作りも必要かもしれない。

 

あと意外だったのが、税理士試験の科目免除目的の受験について、否定的ではなかったということ。

「大学院は研究する場であって、税理士試験のためにあるわけじゃない」というスタンスかと思いきや、「資格の予備校では3年で5科目受かるというけど、無理無理!10年かかりますよ。院免という道は正直いい選択だと思いますよ」と。

院免を全面的に押してる大学院というのも存在するけど、ここはそんな感じではなかったので、前者の考えかと思っていたのだが。まぁ、その目的で入学する人が多いのでしょうね、私もそうですが笑。少しだけハードルが下がった。

 

説明会に行くたびに大学院で学びたいという気持ちが強くなる。