税理士試験とか読書とか

税理士試験に関することを主に。簿記論、財務諸表論、合格済み。現在大学院に通ってます。

DMM英会話、その後

DMM英会話を始めて2ヶ月。

上達しているのか、していないのかはさておき。

DMM英会話というスカイプ英会話に対する雑感。

私個人の意見であり、私の英語はおそらく中学生レベルだということを念頭に読んでいただきたい。

 

◎講師

私(女です)はフィリピン人の女性に限定している。

女性限定にしているのは、自宅で行うことも多いので、Skype とはいえ、男性に室内を見せたくないということ。わざわざ異性にする必要性を感じられないこと。そして、最大の理由は、女性の声の方が聞き取りやすいと言われていること。

フィリピン人を指定しているのは、それほど深い意味はなく、時差の関係から私が受講する早朝〜午前中は、フィリピン人講師が多い、というだけの理由です。

講師の質に関しては、正直わかりません。私のレベルが低すぎて。初心者は気にする必要はないと思います。

 

Skype英会話という制度

私は気に入ってます。まず、マンツーマンクラスというのがいいです。英語では"one on one"というらしいですが。

間違えても、しゃべれなくても、発音できなくても、何回聞いても、恥ずかしくない!迷惑をかけない!海の向こうにいる先生しか見てない!

これ、初心者にとっては有難い話じゃないでしょうか。

 

◎相手が日本語を全く話せないということ

これ、最初は心配したのですが、なんとかなります。というか、全く問題ありません。

初心者の私は「会話」というDMMの教材を使ってレッスンを受けていますが、そのテキストには日本語も書いてあるし、先生の言ってることが聞き取れなかったら、"chat BOX"とか"write down please"とか言えば、書いてくれます。書いてもらってもわからなかったら、コピペしてgoogle翻訳さんに翻訳してもらえばOK!

ここは心配する必要ありません。

 

◎講師を選ぶコツ

DMM英会話は、予約時に自分で講師を選択することができます。

その際参考にするのは、写真と、プロフと、受講生の評価コメント。

☆で評価ポイントも表示されています。

私の感覚ですが、5段階評価で☆4.9以上の講師なら多分問題ないです。

それでイマイチだと思ったら、相性の問題でしょうね。

 

というわけで、上達しているか否かは置いとき、DMM英会話は楽しいです。

英語は本当に苦手で、一生"Japanese only!"で生きていこうと思っていましたが、始めてよかったと思います。

1ヶ月5500円だし(3月から5980円になるらしいけど)、迷ってる人とか、地道な英語の勉強が苦手な方は始めてみたらどうでしょうか。

 

eikaiwa.dmm.com

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

大学院(社会人対象)の入試ってどういう基準なんだろう?

私が通っている大学院の入試は、研究計画書、志願書、履歴書、及び、学部の成績証明書を提出する。これが書類選考。

ここを無事パスすると、面接に呼んでもらえる。

出願期日から面接の連絡が来るまで1週間ほどだったので、書類が調っている人は全員面接に呼んでもらえると思っていたら、そんなことはないらしい。

私の通う大学院は、12月と2月に入試(面接)があって、枠は50名。

実際に入学したのが14名。辞退者もいたらしいけど、合格者は多くなかったようだ。

私は2月の試験で合格したんだけど、12月と2月で合格者半々だったとして、2月合格者が10人程度だろう。

面接の時間枠から計算すると、面接まで呼んでもらえた人は30~40人はいるはず。

まぁ、そこそこの倍率だ。

 

(あくまでも、私の感想と、周りの話の総合だけど…)

私の通っているような社会人を対象とした大学院は、まず、研究計画書が大切。

教授の話によると、研究計画書が全く書けていない人が出願者の半分はいるらしい。

これは、私のようにプロに指導を頼めば半分は解決する問題だろう。人に書いてもらうのは、面接で絶対にばれるからおすすめしない笑。

次に、面接で研究計画書の内容について、ちゃんと受け答えできるかどうか。研究計画書と全く違う内容の質問をされることなんてないから、研究計画書に関係することだけ、がっつり答えられるように!

というか、自分で書けば答えられると思う笑。

 

あと、学部の成績が悪くても気にしなくて大丈夫。

学部からそのまま大学院に進む場合、成績は重要かもしれないけど、社会人枠は多分関係ない。私は短大卒業後、法政大学通信教育課程の3年時に編入して、大学卒業まで12年かかっている。本来なら2年で卒業できるんだけど笑。そして成績はほとんど「良」か「可」。

でも、大学院には合格した。法政大学より偏差値の高い大学の大学院に。

なので、これだけは自信を持って言える。

学部の成績は全く関係ない。

 

で、大学院の入試基準ってなんだろう?

私が思うに、きちんと文章(研究計画書)を書くことができて、コミュニケイションが円滑にとれる、論理的な受け答えができる。

あとは、面接官との相性。

なのかなって思う。

何度も言うけど、研究計画書は本当に大切だから、締切ギリギリまで粘って、いいもの作って下さい。

You can do it!

 

「DMM英会話」をやってみた

人生において諦めていたことの一つ。

「英語」

 

が、最近は外国人観光客多いし、大学にも外国人(講師?)多いし、簡単な日常会話くらいできたほうが楽しそうなので、英会話を習ってみることにした。

 

選んだのは「DMM英会話」

選んだり理由は、院の友達が勧めてくれたことと、安かったこと。

 

一番安いコースは、1日25分×1回、1か月5500円。

毎日頑張れば、1回183円!

駅前留学より相当安い!(古い?)

 

ここで心配になるのは「そんなに安価で先生大丈夫?」ってこと。

そこでフィリピンの収入を調べてみた。

フィリピン人の平均年収は、日本円で約48万円。

月給にすると約4万円、日給にすると約1800円、時給にすると約220円ほど。

これ、あくまでも平均なので、若い方や女性はもっと低いのかもしれない。

 

DMMから先生に1レッスン、私が払ってる受講料の半分を渡しても、25分で90円ほど。

時給換算すれば、約180円くらいになる。

レッスン後にメッセージくれたりするので、実際はもっと時間をとられているとは思うけど。

 

そう考えると、フィリピンの方にとって、それほど悪い仕事ではないのですね。

安心しました。

レッスン内容については、また次の機会に!

 

 

 

 

 

大学の無償化は必要か?

政府は、住民税非課税世帯について、大学の無償化を検討しているらしい。

 

高等教育では、住民税の非課税世帯の学生を対象に、国立大学の授業料を原則無料にする。授業料が高い私立大学では、国立大と授業料の平均額を比べ、その差の半分ほどを国立大の免除額に上乗せする方針だ。

 

「貧乏人は大学行くな」とは全く思っていない。

それを大前提に、私は大学の無償化は大反対だ。

そもそも、この国のどこにそんなお金がある?

 

高校を卒業する年齢の18歳までは、自力で稼ぐのは大変だ。だから、高校の無償化は大賛成だった。

でも、高校さえ卒業すれば、自分で働いて稼ぐことは可能だ。

たまに「お金がないから大学行けなかった」という人がいるけど、親族の生活を支援をしている人を除いて、そんなことはただの言い訳だ。

 

お金がなくても大学にはいける。

大学生は働くことが許されている。

昼間働いて、夜学校にいけばいい。

昼間働いて、通信教育をうければいい。

夜学だって、通信制だって、卒業すれば立派な学士だ。

 

本当に勉強したい人、いや、学歴が欲しい人でもいい。

本気なら「自分で勝ち取れ」といいたい。

 

「うちは貧乏だから」は言い訳である。

 

 

 

 

 

 

学食の話

思いがけず、学食が役に立っている。

 

仕事が終わって学校に着くのが早くて17:45。授業開始は18:30なので、外でゆっくり食事をする時間はない。かといって、授業後に食べると太る!確実に太る!

 

そんなときは「学食」

 

本校は、20:00まで学食が開いている。私たちのように夜間通っている人間もいるけど、多分そのためではなく、昼間の学生さんが、夕食を学食で済ませることができるようにしている、のではないかと思っている(想像)。

 

先日、人様が食べているのが美味しそうに見えたので、注文してみた。

 

「BEEFシチュー」480円!

 

シチューのスペルがわからないわけでなく、本当にこの表記なのである笑。

味は、これが結構イケる!

お肉も立派なのが入ってる!

それなのに学食価格!

なんで味噌汁がついているのかわらかないけど!

 

この他、定食は410円〜430円、カレー300円、うどんが200円台かな?

 

f:id:sakura-umeko:20171108191022j:plain

広告を非表示にする

学べば学ぶほど迷いも多くなり。

後期の授業が始まって1ヶ月も経過してしまった。

昼間働き、夜学校に通うと、さすがに時間が経つのが早く感じる。

 

前期は税法ばかりだったが、後期は人事労務系の授業も受けている。

人事労務系の授業を二科目受講しているが、いずれも先生は弁護士。

うん、やはり弁護士は違うなって思う。

特に大学院の講師をしている方だから、そりゃ優秀な方なんだろうけど。

 

二人の先生はいずれも実務では企業側にたつ先生のようだが、それでも考え方にはだいぶ違いがある。

お一人は、企業側に立ちつつも、労働者にも配慮した講義を行って下さる。例えば、メンヘルに追い込まないようにする対策とか、こういう時は注意するべきだ、とか。

もうお一人は、完全に企業側に立っている。雇用からリストラまで。

それぞれ立場がおありだと思うので、どっちがいいとか悪いとかではないが、とても勉強になる。

 

前期と後期で、弁護士の先生の授業を5コマ、税理士の先生の講義を2コマ受講したが、違いは歴然としている。

もちろん、専門が違うし、一概に比べようがないのは承知しているのだが。

学べば学ぶほど、迷いも出てくるのも、これまた事実。

 

初めての論文

いや、学部の卒論は書いたので、初めてではないですが、卒論は「よく教授が読んでくれた」と思うほど稚拙なものだったので、なかったことにして。

 

夏休み期間内に論文を書きました。学内のものですけど。

夏休み期間中に、なんでそんなことをわざわざやったかというと、

 

その1、修士論文は研究計画書に書いたもの以外で行こうときめたので、研究計画書の内容で一度論文を書いてみたかった。

その2、論文作成がどのくらい大変か経験しておきたいと考えたため。

 

今回の論文は、分量的にも修士論文の半分以下(今回20000字、修士論文50000字?)ですし、途中で指導も入らないので、それほど大変な話ではないと思っていましたが、大変でした笑。

 

資料集めから提出まで約1ヶ月。

昼間は仕事をしているので、平日夜と土日どちらかを費やしましたが、結果、時間は足りなかったです。なんとか体裁を整えて提出しましたが、クオリティは…どうだろう?

3ヶ月くらいで「講評」つきで返却されるらしいので、楽しみです笑。

 

どちらにしても、自分の現在の実力は確認できますし、論文執筆がどのくらい大変か確認できるので、M1のうちに論文書いてみるのをお勧めします。

 

 

 

広告を非表示にする